FC2ブログ

御訪問頂き誠にありがとうございま汐

進撃の巨人・東方・ブリーチ・ワンピースが好きです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんにちは。
なんか久しぶりに日記書くわ~。

子供が小学5年生になり、東方に・・・それもゆっくり動画系にハマっているんですが、親としてどうしたらいいのか分からず放置してます。
まあ、好きなものは好きでいいんじゃないのかな。
私も東方のえーてるにハマってたし。やばい、これは血なのか。遺伝か。

最近はスプラトゥーン2のサーモンランざんまいです。ほんと楽しい。一日ゲームしてたい。仕事したくない。早く家帰りたい。
あのね、スプラはTVが遅延すると全然楽しめないって事が分かったわ。お盆で実家でシャープ液晶50型テレビLC50US40でしたら、めちゃくちゃ遅延した。もうそれはワンテンポずれすぎて試合にならないレベル。
7月のボーナスで買った東芝レグザ50M510Xはゲームモードで遅延無しだから最高でした。調べて買って良かった。

そんなわけで、ゲームしてます。
また何かにハマったら書いたり描いたりします。ここに。
スポンサーサイト
「a child in the care of a doctor」



「っつ」
「にこちゃんどうしたの?」
「爪が引っかかって、割れちゃった」
「見せて」

はい、と真姫ちゃんに言われるまま手を差し出す。
先端が少し欠けた中指の爪を、真姫ちゃんの人差し指がそっとなぞる。
なんだかくすぐったい。頬が火照る。
練習の終わった後の屋上に、熱い風が吹いた。

「私、爪やすり持ってる」

真姫ちゃんは部室に戻りバッグから爪切りセットを持ってきた。

「準備がいいのね」
「私も、よくそうなるから」

してあげるから手貸してともう一度手を取ると手慣れたように爪を切りやすりをかけ丁寧に整えていく。
仕上げに薄くトップコートを塗られ、そこに息がかかる。

「ふうふう」
「・・・あの」
「なに?」
「くすぐったい、んだけど」
「乾くまで我慢して」

というかなせだか恥ずかしい。
なんだろう、この状況は。今まで誰にもこんな事してもらった事が無かったからかもしれない。私長女だし妹の面倒みても面倒みられたことなんてなかったから、きっとそうだ。
自分の中で湧き上がる感情に、都合の良い理由をつけ納得する。
でないと、よくわからない気持ちの振り分け先に困った。

「はい、おわり」

最後にまた中指の爪を真姫ちゃんの人差し指の腹が撫でた。
仕上がりの確認と分かっていても、むずがゆい。
真姫ちゃんの手で整えられた指先。
綺麗になった爪が嬉しくて顔がほころんだ。

「ありがとう」

この爪も、このこそばゆい気持ちも。
「lip clam」


休憩時間にペットボトルのお茶を飲む。ついで唇をペロリと舐めた。乾いてかさついた唇をお茶で潤していたら、隣から声がかけられた。

「真姫ちゃん、これ使う?」

差し出されるにこちゃんのリップクリーム。

「え?」

「ほら唇乾いてるでしょ」

「いや、あの」

それ使ったら間接キスになる訳で
間接キスなんて。そんな。
想像するだけで顔が赤くなる。
友達同士でリップの貸し借りなんて当たり前なのかもしれないが、そういう人との距離感に不慣れな私には公開処刑に近い恥ずかしさをともなうものだった。
受け取らない事に業を煮やしたのか、にこちゃんが動いた。

「あー、もう。顔貸して」

突然引き寄せられて一気に距離が縮まる。
至近距離ににこちゃんの顔が迫る。
顎をそっと掴まれて、にこちゃんの右手がのびてくる。
そして私の唇にリップクリームが丁寧に塗られた。

「はい、可愛い真姫ちゃんの出来上がり!ってあれぇー?真姫ちゃん顔あかーい。
もしかして照れちゃった?」

「ばっ、そっそんな事ないわよっ」

そんな事あるけど、正直に言えるワケも無い。

「もー、にこの事可愛いから照れちゃうのは分かるけど」

「誰が照れてるって?」

本当にこの人は物理的な体の距離だけでなく心の内側にまでズカズカと容赦無く入ってくる。
心の奥の感情を引きずり出すのが上手い。

「あ、真姫ちゃんもしかして怒ってるー?リップ塗った事」

「そうよ。勝手にヌラナイデ」

赤い頬を怒りのせいにして、にこちゃんの顔から目を逸らした。

「ごめんねー。でも真姫ちゃんの唇が乾燥で割れて欲しくなかったから。だからにこの可愛さに免じて許してにこ」

あざとい、でも優しい言葉。

「別にいいケド」

腕組みしながら、つっけんどんな態度で許せば

「ありがとう」

と意外に素直な言葉が返ってきて驚いてにこちゃんの顔を見た。
そのままじーっと見つめていると、バツが悪いのか

「つい妹達にするように真姫ちゃんにやっちゃった。悪かったわよ」

そう言って頬を染め、あさっての方を向いた。

「あぁ、うん」

なんだろう、この気持ちは。
間接キスとかあまりに近い距離感とかそれらすべてが妹扱いだった事。その事にショックを受けている自分がイヤだった。
モヤモヤした気持ちで、にこちゃんを睨む。
きょとんとした顔がムカつく。
・・・いい事思いついたわ。

「にこちゃん貸して」

「えっ何」

先程された事と同じようにする。
細く白い腕を引く。倒れ込んできた体を片手で抱き止めて、顔を近づけた。
赤い瞳に顔を映して、にこちゃんから奪ったリップをこれみよがしにかざす。
さっき私の唇に触れたリップ。それをくるりと出して、柔らかい唇に触れさせた。

「真姫ちゃん?」

「・・・私には妹いないから」

「どういう意味よ」

不思議そうな表情を浮かべたにこちゃんを置いて練習に戻る。
ちょっとした意趣返し。強制間接キス。
きっと分かってはもらえないだろうけど。だって妹扱いだもの、失礼しちゃうわ。
こんな鈍感相手じゃどうしようもない
そして首を振った。

(こんな気持ちに気づきたくなんてなかった)

まさかこんなのが恋だなんて
こんな人に恋するなんて
アリエナイ。イミワカンナイ。ナゾすぎる。
にこちゃんのイヤな所なんて数えたらキリがないけど、好きな所もそれ以上あって。嫌いになれない。
好きになるつもりなんてなかった。なのにどうして自分の心は言う事を聞いてくれないのだろう。

(ダイキライ)

呪文のように小さく口の中で唱えて。
唇の形に心を乗せた。
昨年はじめてアカウント作って、使い方(つぶやく内容?)が分からなくて放置していたツイッターを使ってみる事にしました。
いまだRTする方法も判りません・・・
よろしかったらフォローお願いします。フォロー返しいたします。一人ぼっちはさみしいからな・・・





お久しぶりです。
ここ2週間くらい、ラブライブ!の“にこまき”にハマってました。
同人誌漁っていて、たまたま読んだ同人誌がにこまきだったんです。それがいけなかった。
最近はラブライブ!を全く知らないのに、ピクシブの小説を漁る毎日です。
アニメは11話と12話のみ見ました。可愛いな、おい。
真姫ちゃんとにこちゃんは、ラブラブもいちゃいちゃも似合うし、シリアスも片思いも両片思いも似合うから困る。
まあ、きっと私が書くとしたら百合営業こじらせたにこちゃんとガチレズ真姫ちゃんのパターンな気がする。
誰かにこまき下さい。
えーてるのエロが描きたい。
なぜかすごい描きたい。
構図的には、永琳が背後から責めてて輝夜が喘いでる感じ。
でも最近全然書いてないからな〜
だれかえーてるのエロをください。

てかこの間コナン見ててベルモットが出てきて滾った‼︎
ベルモットのエロもだれかください。
蛇姫が最近見かけなさ過ぎてつらい。ルハンエロ欲しい。

欲しいもの多すぎ。最近は自給自足でなく他力本願です。
第11回東方シリーズ人気投票にキャラ部門に投票してきました。
最初サーバーが落ちてて入れなくてどうしようかと思いましたけど、無事投票完了。

私が入れたのは、蓬莱山輝夜、八意永琳、鈴仙・優曇華院・イナバ、因幡てゐ、博麗 霊夢、です。
今回はイチオシという項目がないんですね。
またえーてるをいつか書きたい。

東方新作、紺珠伝のネタバレ見ました。
おぉ、永琳と輝夜のセリフがある!!ありがとうございます!ありがとうございます!
これでえーてる二次が増えるといいのですが。

話は変わりますが、今私が一番好きなアニメはアルスラーン戦記です。
王子アルスラーン殿下と騎士ダリューンのBL妄想が滾りそうです。
それか王女と女戦士へ女体化妄想しても楽しそう。
その二人とは別に、次回出てくるファランギースがすごく気になります。もうビジュアルから好みです。衣装のエロさが素晴らしい。元弓道部としても血が滾ります。
ファランギース、好きだーーーー!!
広告を消しにきました!1か月以上放置すると出てくるんだよね、これ。

現在、怪盗グルーのミニオンラッシュにはまっています。これ最高!
私の仕様キャラは「ママ」です。ランクをMAXにした所です。
あとはトークンを貯めたら、ドラキュラが欲しいな~

私のゲーム名はドラパンツなので良かったら探してみてください^^
つい最近まで、ゲームアプリのGODUSにハマっていました。
先日IOSバージョンが出たので始めたんですよね。
最初はすごくおもしろくて3日位ハマってました。

今日ようやくアスタリの村に侵攻したんですが・・・
なんていうか、占領する過程が一瞬すぎてあっけなくてどうしようかと思いました。

つまり想像と違ったわけです。
アスタリという別宗教の民族がいて、それとの戦いと思っていたんですが特に戦うワケでもなくアスタリの村に踏み込んだら即占領完了という・・・なんだこれ。期待と違う。

次は箱舟ですが、テンションがだだ下がりなのは私だけでしょうか。

いや、なんだかんだいいつつ続きはするんですが次の目標を何に据えればいいのか分らなくてモチベが保てない気がする。

惜しい、なにかが足りない。あとちょっと。という感じのゲームでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。